今年もあっと言う間に立春を迎え 日々の早さが急流の様に感じられます。

どんなにかこの日を来るのを 待っていたか。。。3408gの元気な第二子男子誕生です。

涙が出て。。。 皆で大喜びです。

生まれて来て 本当に ありがとう \(^o^)/ 万歳

娘は 第2子を妊娠した日より 強度のつわりで苦しみ 昨年の8月から切迫流産 早産 で
小さな命を 守るため 寝たきりの生活で この日を迎えました。
本人はもちろん 2歳の孫ウタちゃん 家族一丸となってお互い 励まし合い 頑張ってきました。

これからも 娘の体力回復のリハビリーと。。。一緒に頑張っていこうと思います。

少子化問題で柳沢厚生大臣が 女性を 「子供を産む機械」 にたとえてた発言に
には 私自信 怒りを感じます。

お産に対して あまりにも無知です。女性は命をかけて 赤ちゃんを産むのです。
ひとつ ひとつのお産の陰には 人生観をも一変させる崇高な営みがある事を
忘れてはいけない。。。生まれる者も 産む者も 機械であるはずが有りません

言葉はその人の隠れている人間性が 口から出ます。 つい、うっかり口が滑ったで
許される事ではないと思います

少子化対策をしなくてはならない理由は
制度の為ではなく 現状では 「産みたい人が 産めてない」 からです。
経済的に 制度的に 社会全体が変わることで、「安心して 産める」 「育てられる」
様にする事が 一番大切ではないでしょうか。

子供達が安心して毎日を送れますように。。。私達大人の責任です。