門松や松飾りが師走の街に出回り出しますと
年が改まると 言う思いがしみじみとこみ上げてまいります。

今年もまもなく 終ろうとしております。

先日 成婚した お二人が師走の中挨拶にいらして下さいました。

男性 61歳  女性 58歳 お互い病気でお相手を見送り、 同じ辛く 悲しい思いが
お互いを引き付け 1ヶ月半のお付き合いで 成婚になりました。

私がお見合いの立会いに15分前に行った時 お二人は先に来て ホテルのロビーの       椅子に仲良く座り お話が弾んでおりました。
前の日からお逢いするの楽しみで。。。30分前にお互い着ていたそうです。

私と同じ 団塊の世代です。

3人で話が弾み。。。本当に楽しいひと時でした。

お二人の故郷が一緒で、亡くなられたお相手の命日も 同じ月で 日にちも一日違い
色々な偶然が重なり 初めてお逢いした 感じが無く不思議でしたと。。。
二人で仲良くお話しする姿に 良く言われている ( 亡くなられた方にきちんと選ばれている )と感じました。

お互いのお子様達にも 喜んで頂き 嬉しさが伝わって来て、私まで幸せでした。

亡くなられた人の分まで幸せになって、明るく元気に寄り添って。。。 暮らす事が
一番の供養になると思います。
お二人の幸せを心からお祈り申し上げます。

この一年 健康の大切さ 家族の絆 色々学んだ年でした。

来年も成婚に向け 母心で会員と二人三脚で頑張って行きたいと思います。