DSCN2701

梅の花がほころび始め 春が顔をのぞかせていますね

先日1月の末に成婚(婚約)したお二人をご招待して
成婚のお祝い会を致しました

元女性会員34歳(短大卒) お相手34歳(大卒)

お見合いのお引き合わせでお逢いしておりましたので
4か月振りに二人にお逢いしました

幸せな二人を前に色々話が弾み 楽しいひと時でした

成婚の運びになるまで カップルにはそれぞれ色々な物語が有ります

彼女は自分でお申込みをして初めてOKの返事を頂いたのが彼でした
お引き合わせの時彼女はいつもと違っておりました
お見合いが終わって直ぐに 「交際希望です」と嬉しい声で連絡を頂き
彼の事務所からも交際希望の連絡が入りお付き合いが始まりました

お付き合いに入り1か月過ぎたころ
「彼と交際マークを付けて真剣に先を見つめて
お付き合いをしたい」と彼女の気持ちは真剣でした
交際マークというのはお互いにお付き合いをしているということを発表し
もうお見合いの申し込みも、受けることも出来なくなる事です。
彼は「2か月先までお見合いが入っており
今は交際マーク付ける事が出来ない。。。」と言われ

彼女は時間が掛かると覚悟を決めざるをおえませんでした

2~3日して 「吉田さん 凄い事が起きたの、嬉しくて 嬉しくて」と連絡を頂きました
彼がその後のお見合い全部 お断りしてくださったとの事でした。
決まったお見合いをキャンセルするのには一件ごとにキャンセル料が掛かります
彼はそれを支払ってまで彼女の気持ちを優先してくださったのです
交際マークを付けられるとなった彼女の喜びは半端では無かったです
私も嬉しくて 「良かったね。。。」 と涙がこぼれました
彼女の「気合いが」 彼の気持ちに「気合を入れ」
二人で育んで。。。この日を迎えたのです
「結婚は気合いが大切」 だとつくづく思いました。

忙しいお二人 お互いのご両親に挨拶を済ませ
一緒に住みながら結婚式場を決めて行きたいと
楽しそうにお話をしておりました

お祝いの為に用意したテーブルのフラワーアレンジメントをプレゼントにお見送りしました
仲人として一番幸せな時間でした ありがとう

会員さんは紹介がほとんどの こじんまりとした相談所です
母心で寄り添い成婚まで責任を持って頑張っております